里山エッセイ・鎌倉峯山の四季

峯山の四季折々の状況と活動内容をお知らせします。

タグ:菜の花

210921ハナハッカ
最近、林相計画書なるものを作成しました。地図上に何種類かの林相別に区分したものを明示しています。整備済みのところをこの計画に基づいて維持管理するためのものです。圧倒的に大きな面積を占めるのは雑木林です。他には人工林である杉林、それと竹林も含めています。竹林は報国寺のような美しい竹庭を目指しています。特徴的なのは、草地を設けていることです。4箇所ほど点在している草地の目的の一つは広場としての役目です。腰掛を置き、ここで休憩をしたり子供たちを遊ばせる場にしています。もう一つの目的は、草花による竹の子発生の抑止効果です。竹林を皆伐した年に、試みにフキを植えつけました。処を得たのかフキは元気に繁茂し、3年後には殆ど竹の子が出なくなりました。効果抜群なうえ季節の楽しみをもたらしています。
通称汐見台の南側には、かなりの広さの平地があります。ここは少し昔まで畑だった場所なので、草刈りのタイミングによって様ざまなものが芽を出します。以前にはトマトやキュウリが出てきて実がなりました。また、菜の花、ソバ、ハナダイコンの花も咲きます。そこで、積極的にこれらを増やしています。こうすることで必然的に竹の子の発生を抑制でき、今では、以前ここが荒れ果てた竹林であったことなど想像もできない姿になっています。
毎年9月になると全面的に草刈りを行いタネまきをします。勿論、今年ここに咲いた菜の花から採取したタネです。問題はこの後です。昨年のことですが、この場所で徒競走している子供たちを見かけました。突然山の中に短距離走のトラックが出現したようなものですから、走りたくなるのは当然のことです。また、別の日には何組かのグループがシートを拡げてランチを楽しんでいました。
そこで、今年は不本意ながら立ち入り禁止の標識を立てました。折角発芽した菜の花がじゅうりんされては来年の楽しみが消えてしまいますので苦渋の決断です。
写真は、タネまき後の様子です。手前の草花はハナハッカ(オレガノ)の群落です。今年突然発生しましたので刈らずに残してあります。

1912ベニバラボロギク
   (冬場に綿毛を付けたベニバナボロギク)
もはや通常と見做されているのか、今年の秋、冬の高温多雨はあまり話題になっていませんが、かなりの異常気象です。
峯山で実感した最初は菜の花の発芽状況です。例年通りの発芽で最初は順調なので安心していたらアッという間にほぼ全滅しました。原因は、時ならぬ頃に大発生した虫による食害です。
その後二度も種まきしましたが、生えては食害の繰り返しで、今は所どころ何とか育っている状態です。菜の花は冬場に成長するので一縷の望みを持って眺めていますが、昨年のような見事な菜の花は無理そうです。
ベニバナボロギクにも異常が起きています。この時期は出てこない筈なのに、今また鎌首を持ち上げて花を咲かせ、あろうことか、綿毛までつけている始末です。見つけ次第に退治していたら、メンバーの一人のうせいさんが、「うまい雑草、ヤバイ野草」という本を見せてくれました。何とこの本の中にベニバナボロギクが、東南アジアでは食用として好んで食べられているとあります。うまいと分かれば大勢のひとが始末してくれるので労せず駆除できると言いますが、ホントでしょうか。
今年の初夏に、ベニバナボロギクの綿毛が地吹雪のように飛散しているさまを見た私にはとても信じられません。先日、断固駆除しようと見える範囲の花を刈り取りました。本によれば丁度食べごろらしいですが、とても食べる気にはなりません。
令和に入って未曾有の災害が何度も発生しました。中世だったら即改元ものです。もっとも数十年に一度クラスの災害が毎年続いていますから、その都度改元する羽目になりそうです。
でも、元号なんて世界的には通用しませんから別に支障はないでしょう。せっせとゲンの良い元号に変えたらいいのです。

1909種まきじいさん
(写真① 花咲爺さん)
190925鎮圧
(写真② せっせと鎮圧)

190409菜の花汐見台
(写真③ 2019/4 汐見台)
今年も9月下旬に菜の花のタネ蒔きをしました。勿論、まくタネは峯山産の自家採取のものです。
まく場所は、真竹の密生地を皆伐し、海が見えるように整備したところです。何もしなければ竹の子が出てきて元の竹林に戻ります。
それを防ぐには何通りかの方法があります。基本は、出てくる竹の子や竹をひたすら取り除いて根絶やしにすることです。これは手間も大変ですし、その間ぼんやり眺めているのも空しいことです。
開けた平坦地にせっせと植樹し雑木林にするのも一案ですが、折角海が見えるようになったこの景観が維持できなくなります。この手法は別の場所で試みるつもりです。
この地は、地元の人たちが畑として野菜栽培を長年続けてきたところです。本来あった形に戻すには耕作地にして、周囲を含めて里山として活用するのが望ましいところですが、県有地での耕作は、条例で禁止されています。
そこで、考え付いたのがソバや菜の花を咲かせることです。これならば、あちこちにこぼれタネがあるので、日当たりがよくなったことで自生しています。これに少し手を加えて花を咲かせてみました。景観がよくなったことに加え、竹の子の発生を抑制する効果が大きいことに驚きました。
見事に竹の再生を抑止しています。タネ蒔きは、筋蒔きするかバラ蒔きします。(写真①)
そのあと、足踏みをしながらよくタネを鎮圧します。これが大事なところです。(写真②)
写真③は昨年の開花状況ですが、こうなるかどうかは天候次第の運任せです。
蕾のうちに摘花すると分枝が進み花が増えます。問題は摘花した蕾をどうするかです。食べると美味しいですが、これでは収穫したことになり、条例違反になりそうです。しかし、花を増やす行為の一環として、まぁこの際大目に見てもらうことにして、せっせと蕾を摘んでもらいたいものです。

↑このページのトップヘ