里山エッセイ・鎌倉峯山の四季

峯山の四季折々の状況と活動内容をお知らせします。

w_e_fujimidai
写真① 富士見台のベンチ

191112汐見台ベンチ
写真② 汐見台のベンチ

今年(2019年)は何時までも秋が深まらず、富士山の初冠雪は昨年より26日も遅れました。冠雪となれば常盤山緑地の富士見台の出番です。2017年にボランティア活動を始めて最初に行ったのは散策路の整備です。覆いかぶさる篠竹を刈り払いして歩きやすくしました。
この時に、ここから富士山が見えるはずだと見当をつけて薮を切り拓いたところ、案のじょう見事な富士山が現れました。そこで、この場所を富士見台と勝手に命名し、ベンチを置いたのです。写真①はこの時に描いたスケッチです。ところがこの事で市とひと悶着がありました。どなたが市に通報したのです。この方は、いいところにベンチがあって楽しめたということを云いたかったらしいですが、市の受け止め方は真逆です。とんでも無いことをしてくれたと、おっとり刀で現地に駆けつけました。しかも3人も。たまたま近くで手入れしていた私は、あえなく現行犯逮捕されてしまいました。責任者らしき人は直ちに撤去せよとえらい剣幕です。こちらは設置した理由の弁明などしているうちに相手側の一人が中を取り持ってくれて、折角作ったのだから、使用後に片付けるという条件で、どうにか一件落着しました。
こういうことがあるので、要領のいい人は、トラブルを恐れて何も手を出さずに黙って便利さのみを享受します。しかし、これでは快適な山歩きなど出来なくなります。誰かがやらねばならぬことです。
昔からこういう事態のことを下世話に、沈香も焚かず屁もこかずといいます。ひたすら無難に時を過ごすことのいいです。しかし、皆がみなこういう感覚で過ごしたらどうなるでしょうか。里山でいえば、竹林化し、山道が塞がり、山桜の巨樹が枯死することになるわけです。沈香は無理としても、自分たちの出来る範囲で、将来のために役立つ活動をしたいものです。
写真②は、汐見台のベンチです。竹藪を切り拓いて海が見えるようになったので、ここにも枯死した桧を利用したベンチを置きました。春には菜の花越しに景観をめでることが出来ます。

191105篠竹
(写真①)中途半端な切り方

191105排水路
(写真②)排水路と立て札

191028滝壺
(写真③) 抉られた道

写真(①)は、散策路脇の篠竹です。
通りがかりの誰かが邪魔になる篠竹をカットしたものでしょう。良かれと思った作業でしょうが危険この上もありません。子供が転んで目にでも刺さったら大変なことになります。
実は私も被害者の一人です。鎌で薮を刈り取っていた時に篠竹の先端が目のふちに当たりました。高さ1m程のところでカットされていました。しかも斜めに。
幸い眼鏡をかけていたので事なきを得ましたが、もし裸眼だったらと思うとゾッとします。
根元からカットされていればいいのですが、そうでなければ何もしてくれない方が安全です。
危険排除を兼ねて、年に何回か散策路の両脇を草刈機で刈り取っていますが、全てをカバーすることはできません。歩行の際には気を付けて下さい。お子さんが走るのは止めさせて下さい。
写真(②)は、散策路の途中に設置してある排水路です。これが無いと山に降った雨は、全て散策路に集中しかなりの勢いで流れ下ります。台風19号の被害をみれば分かるように水の威力は侮れません。写真(③)は、えぐり取られた散策路の様子です。
これを防ぐため、時々排水路の溝浚えをするのですが、この溝が塞がれることがあります。ある時は、篠竹を刈り取って束ねて、それを溝に突っ込む念入りなことがされていました。
さすがに困って、排水路の意味と、溝を塞がないようにとの注意札をたてました。以来それは無くなりましたが、これも歩行しやすいようにとの善意で行ったことでしょう。
人の行為と考え方は様々です。我々のやっていることも、ある人には迷惑なことかもしれません。
山で迷う人がいるので、大事な分岐点には案内標識を立てていますが、これが引き抜かれることがあります。しかも同じ個所が何度も繰り返されます。腹が立ちますねえ。
相手の意図は分かりませんが、イタチごっこを承知の上で、めげずに立て直しをしています。
善意が万人に受け入れられことはないという象徴的な出来事です。






191020雑木林

(写真①) 雑木林の予定地

191016イヌビワ
(写真②) イヌビワの実生木

191016カラスザンショ
(写真③) カラスザンショ

雑木林と口に出して言うとよい響きがあります。里山とくれば雑木林が対になっています。
建築用材の杉、檜ではないという意味で雑木と言われていますが、雑木の中でも薪炭用の良材であるクヌギ、コナラは堅木と呼ばれ、それ以外は雑木というそうですから、樹々の間でも差別は存在するようです。
殿入りルートを上った先にちょっと開けた場所があります。(写真①)
竹藪だった場所ですが、皆伐したところ落葉樹が残っているので、ここを雑木林風にしようと思っています。
多いのはイヌビワです。何本かの成木のほか実生の幼木が沢山あります。(写真②)そこで、イヌビワを主体にした雑木林を考えました。なぜイヌビワなのかは、理由は別の機会に譲ります。
ここを気分よく歩ける場所にしたいのです。クリ、エゴノキ、カエデなどを移植するつもりですが、自生している木としては、ミズキ、クワ、コナラなどがあります。中には困った自生樹もあります。
アオキは、どこにでもある上枯葉までも汚いのでせっせと皆伐しています。悩ましいのはカラスザンショです。
ミカン科の落葉高木で黄葉も期待できるし、葉はアゲハ蝶を育てます。実は小鳥たちが好みますので残したいところですが問題があります。
それは幹に生えている鋭い棘です。(写真③)走り回る子供たちにとって危険この上もありません。
いや、いや年寄りにとっても同じことです。足場の悪いところでは、つい掴まるところを探します。
よろっときて、うっかりカラスザンショの幹でも掴もうものならば大変なことになります。
ここは安全第一に考えて切り倒すことにしましょう。
カラスザンショをよく観察したい方には、安全なところに樹名板を立ててありますのでそちらで観察して下さい。

↑このページのトップヘ